©2019 by Life Design Canada. All Rights Reserved.

メールマガジン限定で、カナダのジュニア留学・親子留学の最新情報や

トロントでの暮らしなどを定期的にお伝えします。ぜひ、ご登録ください。

  • Facebook
  • Twitter

今回、スケートを学ぶために、アメリカのニューヨークシティからカナダのトロントに移住して来たまゆみさん、明未さん(Grade 6 , 11歳)、明由さん(Grade 4, 9歳)ご家族に、トロントに来られたきっかけや学校生活、日常生活についてインタビューさせていただきました。明未さんと明由さんは、現在、トロントのミッドタウンにあるプライベート・スクールに通われています。

Q:スケートを学びにトロントに来られた、とのことですが、トロントを選ばれた理由を教えてください。

明未さん)NYCよりもトロントの方がスケートのリンク環境が良かったんです。今、所属しているスケートクラブは、選手レベルが高くて、世界的にも有名な選手が拠点にしていることも理由です。毎日、とっても刺激をもらっています。

まゆみさん)NYCの時は屋外のスケートリンクがメインだったんです。もっと上達するためには、集中して練習できる屋内リンクに変更したほうが良い年齢とタイミングでした。北米全体で探していたところ、スケート環境だけでなく、学校環境、生活環境もバランス良くコンパクトにまとまっている場所がトロントでした。

 

明由さん)暑いところよりも寒いところが好きだから。

Q:何歳からスケートを習っているのですか?

 

明未さん)私は4歳から。

明由さん)私は2歳半から。

明未さん)きっかけは、シカゴ郊外に滞在中の時です。スケートリンクが近所にあって、お友達と一緒に始めたんです。だんだん滑れることが楽しくなってきて、どんどん練習時間が長くなりました。

 

まゆみさん)シカゴも冬はとても寒いので、公共施設のスケートリンクが多く、気軽にスケートを始めることができる環境でした。小さい子のレッスン費用が3ヶ月間120ドルと安いこともあり、お友達と一緒に1時間のグループレッスンから始めました。

 

明由さん)3歳で、NYCに引っ越しして、セントラルパークにスケートに行きました。お天気で気持ちが良かったし、みんなに「上手だね」と褒められたら嬉しくて。2歳の時は転ぶと泣いていたのに、急にスケート好きになりました。

 

まゆみさん)小さい子ってちょっとでも褒められると得意になってますます楽しくなるんですよね。北米の人って褒め上手な人が多いから(笑)。

Q:スケートでは、どんなことを学んでいますか?

明未さん)トロントに来て、今までスケートのやり方を、変えられることもありました。はじめは、その方法に慣れていないので、変な感じでしたが、慣れたら徐々に難しいジャンプも跳べるようになりました。

まゆみさん)子供達はシカゴ、NYC、サマーキャンプはスイス、日本でスケートを習ってきました。色々な場所で色々な方法、多くのコーチに習うことによって、違う説明の仕方に苦労することもありました。でも、それが後にスケート以外のコミュニケーション能力の部分でもでも「かけがえのない経験」に繋がっていくのだと信じています。

 

スポーツを通じて、厳しい練習を繰り返し、世界を目指して頑張る先輩たちの姿をみながら、娘たちが自分自身に負けない粘り強さ、情熱、実行力を学んでくれたらいいな、と期待してスケートを続けさせています。

 

Q:国によってスケートの違いはありますか?

 

まゆみさん)国というより、クラブや、コーチによると思います。

 

明由さん)日本のサマーキャンプ(合宿)はコーチとその生徒チームで行きました。指導が細かく厳しいし、同じ練習を何回もやるし、みんなでマラソンしたり、すごく疲れました。年齢が上の子が下の子の面倒を見るシステム。とても楽しかったです!

 

今のリンクは、メインコーチだけでなく、技術的な担当が分かれたコーチがいます。練習している生徒の中から選んで追加レッスンをしてくれる仕組みです。いつも「レッスンしてくれないかなぁ」と、やる気を笑顔でアピールしてますっ!

明未さん)徐々にスケートランクが上がってくると、選ばれてレッスンを受けるのは厳しいシステムだと感じています。特に今のクラブは、トップクラスにいける才能のある選手が集まってきます。だからこそ、今はやりがいを感じています。コーチたちは笑顔、厳しいです(笑)。

 

Q:カナダに初めて来た時の印象はいかがでしたか?

明由さん)もう少し、森ばかりでどこでもメープルシロップが取れると思ってました(笑)。

 

明未さん)NYCや東京に比べたら、トロントは人が少なく、不安に感じました。でも平日にダウンタウンに行ったら、たくさん人がいました(笑)。

 

Q:カナダで好きなところはありますか?

 

明未さん)冬はいっぱい雪が降るのがウレシイ!(笑)。雪の景色も綺麗です。夏はカラッとしていて気持ちが良くて、緑の景色もまた綺麗!外で遊んでも暑すぎない!

 

明由さん)学校の校庭も広いし、雪の量が多いから、いつでも、大きな雪だるまが作れます。学校の休み時間は寒くてもスキーウェアを着て校庭で遊びます。

 

まゆみさん)車で移動できるのがとても便利!NYCでは道も電車も混んでいて、スケートの荷物を持っての移動は大変で疲れていましたから。それに一年を通して子供たちが元気に外で遊びまわれる自然環境はとてもいいですね。

 

明由さん)車の移動中に着替えたりできるし、おやつも食べられる!

Q:車の運転に不安を感じられたことはありますか?

 

まゆみさん)雪の日の運転は怖いです。ハイウェイも慣れるまで大変でした。一旦、道路や交通ルールを覚えてしまえば、都内を運転するよりは問題は無いと思います。

大雪が降ると、学校もお店も休み。電車もバスも止まることがあるので、大雪の日は基本、みんな自宅待機!車の運転もなしです。

 

Q:逆に、カナダの好きじゃない点はありますか?

 

明未さん)NYCの方が6年住んでいて慣れているので、まだNYCの方が賑やかだからなんとなく楽しいと思うときもあります。

 

明由さん)特にわたしが通っている学校はフランス語メインなので、時々、学校に行きたくない、と思うこともあります。

 

まゆみさん)冬にガソリンを入れて待っている間が寒すぎる(笑)。あと、ショッピングモールが大きすぎて、買い物に歩き回ります。いい運動になりますけど。

Q:明未さんも明由さんも、最初、英語はどう学ばれたのですか?

 

明未さん)2、3歳の時には日本でインターナショナルスクールに行っていました。その後、シカゴとNYCの学校で習いました。シカゴに来たら、お母さんと話す以外は全てが英語の暮らしなので、自然に身につきました。小さいときは、英語で思い通りに言いたいことが言えずに、泣いたこともあります。今は日本語のほうが苦手です。

 

明由さん)2歳からずっとアメリカなので、自然に話せるようになりました。

 

まゆみさん)シカゴ郊外に、旅行者として計1年間滞在しました。その時に、携帯電話会社の従業員の子供達が多く通う幼稚園に、運良く、受け入れてもらえました。朝の7時から夜7時まで預かってくれ、朝食も食べさせてくれる素敵な幼稚園でした。その頃はまだ私が全くというほど英語を話せなかったんです。でも、子供を預ける場所が見つかったので、私もカレッジのESLに半年間通って、若い子たちと一緒に一から英会話を勉強しました。宿題が大変だったけど、お友達もできて簡単な英会話はできるようになりました。

今では娘たちのほうが英語が出来るので、ヘルプしてもらっていますけど。

 

Q:現在、通われている学校はフランス語がメインの学校、とのことですが、全ての授業がフランス語ですか?

 

明未さん)算数、社会、サイエンスなど、ほとんどの授業がフランス語です。英語の授業と音楽は英語です。入学して初めての年は、フランス語が全然わからなかったので、英語でいうESLのような初心者だけの小さなクラスで、フランス語を中心に勉強しました。数字もフランス語で読み書きするので、最初のころは算数の計算問題が簡単すぎて、学校がつまらないと思ったこともあります。

 

明未さん)今では、算数の文章問題もフランス語なので、Googleでフランス語から英語に変換して内容を確認しながら、宿題も工夫してやっています。お母さんに聞く時は、さらに日本語にも変換して、、、

 

Q:フランス語を習い始めて苦労はありますか?

 

まゆみさん)夏にスイスのサマーキャンプでボーディングスクールに数ヶ月間行かせたことがあります。その時も英語とフランス語でした。でも色々な国の子が集まるとみんな英語で話しちゃうんですね。だから、本格的なフランス語の勉強は、トロントに来てから初めてです。初めて海外で英語を勉強されるお子さんと同じように、最初は授業がわからず、学校に行くのが嫌だということもありました。

 

そんな日は、無理強いせずに、家で好きなように勉強をさせていました。「じゃ、学校辞めちゃおうか?」と言うと、「うん。」と言いますが、翌日にはまた通い出しました。子供も、一歩づつ前進していくんだと思います。焦らず見守りたいです。

 

明未さん)今はGrade6になって、みんなよりフランス語がまだできないので、毎日、苦労してます。 エッセイとか社会とか、、、眠くなる時も(笑)。

 

明未さん)言っていることはわかるようになったけど、まだまだ英語と同じようには話せないです。お友達にヘルプしてもらっています。

 

Q:アメリカの学校とカナダの学校の違いはありますか?

 

まゆみさん)カナダの公用語が、英語とフランス語なので、2か国語、3ヶ国語が話せる人が多くてびっくりしました。商品のラベルもフランス語表記があるので、カナダ生活では自然にフランス語も目にしますね。アメリカは、公用語は英語だけ。 NYCにはスペイン語を話せる人が多くいますが、公用語まではいきません。

 

明未さん)前のNYCの学校だけとの比較ですけど、NYCの方がフレンドリー、今の学校は穏やかで優しいという印象です。NYCで通った学校は小規模でモンテッソーリ教育だったので、アットホームで自由な感じでした。今の学校は規模が大きしもっと規律が多いです。IBプログラムなので、これからたくさん勉強していくと思います。

 

明由さん)NYC に比べたら、すべてが広々しています。

 

まゆみさん)アメリカとカナダってほとんど同じような感じだと思っていたんですが、NYCとトロントでは、ラテン系とヨーロッパ系の人の割合のちがいなのかな?ちょっとしたカルチャーの違いがあります。どちらが良いということではないんですけど。日本の学校の方が規律など厳しいことが多いので、日本から来た方は、どちらの国も抵抗はなく、「自由だなぁ〜」と思うことの方が多いと思います。

 

Q:明未さんと明由さんの1日のスケジュールは、どんな感じですか?

 

明未さん)毎朝5時に起きて、6:15から7:30までスケートレッスンを受け、その後、8:30から学校に行きます。曜日によって違うのですが、12:00か14:15には学校を早退して、15:00-18:00頃までスケートの練習をしています。他にもダンス、バレエや公文で算数と英語もやっています。

 

明由さん)公文は、練習の合間にパパッとしています。

 

まゆみさん)パパッと(笑)。

 

Q:そうとうハードなスケジュールですが、学校の勉強はどうされていますか?

 

明未さん)宿題は土曜日と日曜日に集中してやりますが、学校のお昼休みが長いので、学校で宿題をやってしまうことが多いです。

 

明由さん)わたしは空いた時間にフランス語の勉強をパパッとやっています。でも本当はもっともっと勉強しないとダメです。(笑)

 

まゆみさん)他の国からスケートのためにトロントに来ている子供たちの中には、自国のホームスクールという通信制の学校を選択している子供も多いです。自主的に勉強している姿をみて、「偉いなぁ」と、関心しています。自主性も見習ってほしい!

 

Q:学校の授業はどんな感じですか?

 

明未さん)Grade6になるとクラスルームはありません。担任の先生もいません。授業ごとに教室を移動します。習っている教科は日本とほぼ同じだと思います。全ての授業でパソコンを使って、宿題もグーグルクラスルームを使います。算数だけは教科書がありますが、他の科目には教科書はありません。先生がスマートボードやホワイトボードに書いたことを、ノートにメモを取ります。

 

明由さん)わたしの先生は、プリントをくれて、それを自分たちのノートに貼っています。書く時間が無駄だからか、みんなが書くのが遅いからかな?

 

まゆみさん)宿題はパワーポイントを使ってプレゼンテーションのことが多く、日本のように「単語を繰り返し書く」や「紙で提出」という宿題はあまり見たことがないです。考えて自分なりの意見を発表する宿題や授業が多いです。

 

Q:学校にはパソコンを持っていくのですか?

 

明未さん)学校には、一人一台分の生徒用のパソコンが用意されていて、それを毎日借りて、自分のIDでログインして授業に使います。家でも学校サイトにアクセスしてログインすると、学校と同じ環境になります。

 

Q:印象深い授業はありますか?

 

明由さん)算数が楽しい!

 

まゆみさん)今は公文をやっていて学校よりも少し進んでいるからね。これから自分で考えるプロジェクトという宿題が多いから大変だよ!

 

明未さん)算数の先生が面白い。ジムやヘルスのクラスは、1週間に24時間以上、スポーツをやっている生徒はその授業を受けなくても良くて、その時間は図書館に行って、自分の遅れている勉強をやっています。

 

まゆみさん)日本の小学校の算数の計算問題より、今は少しやさしい気がします。でも、なぜか中学、高校生になると急に難しい気がします。 この先が不安です。(笑)

 

明未さん) Grade6からフランス語に加えて、スペイン語かマンダリン(中国語)を選択できるので、私はスペイン語を選択しています。他にも授業ではラテン語も勉強しています。

 

Q:日・英・仏・スペイン語・ラテン語が話せるの?

 

明未さん)ラテン語はあまり話せないけど。。。色々な言語の基礎になっているので、多言語学習のヘルプにとってもなります。

 

まゆみさん)フランス語メインの学校に決める前に、子供に心配ないかと聞いたのですが、明未が「アメリカでスペイン語を勉強しているし、スペインとフランスは近いから、フランス語も大丈夫でしょ」という軽いノリで決めてしまいました。今は苦労していますが、将来的には多言語できることを楽しいと思えるように、がんばってほしいです。(笑)。

 

明未さん)だいぶ、想像していたとは違ったけど(笑)。

 

明由さん)いろんな国に旅行にいけるよ。

Q:学校のクラスメートはどんな人たちですか?

明未さん)学校にはイジメはないし、差別を受けたこともありません。Grade6からGrade12の学生ではアジア人が多い印象です。

 

明由さん)クラスメートには色々な国の人がいます。2歳からGrade 5の中に日本人はとても少ないけど、アジア人は多いと思います。

 

Q:スイスのボーディングキャンプにも行かれていたそうですが、いかがでしたか?

 

明未さん、明由さん)とっても楽しかった!!!

 

明未さん)スイスではヨーロッパを中心に世界中のこどもが集まっていました。 英語、フランス語、ロシア語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語など。でも、共通言語は英語なので、そこでも英語が話せる方がより楽しい思い出ができると思います。英語のできないお友達は、出来る子が間に入って通訳しながらコミュニケーションを取っていました。それがまた、面白いです。

 

明由さん)ボーディングスクールは、シャワー時間が一人5分と短いのが嫌だった。

 

まゆみさん)これは海外の学校選びの盲点だったのですが、普通、学校を選ぶ際に、先生の質や施設、場所などが気になると思うのですが、子供達にとって、食事とシャワーもポイントでした。日本人は毎日シャワーに入りますが、ヨーロッパの人はシャワーや洗濯は日本ほど頻繁に行わないので、そこが子供にはストレスになっていました。

 

明未さん)海外での学校生活では、勉強だけじゃなく、自分が毎日、何を大事にしているか、それが海外でも同じようにできるのか、何を我慢するのか?を確認する大事です。

 

まゆみさん)普段、日本食を食べている子は、留学期間中とはいえ、慣れた食事やお菓子を食べたくなったり、ということがあります。身近にアジア食材が手に入る環境がある、ということも長期の留学先選びには大事なポイントだと思います。

 

Q:将来の夢は何ですか?

明未さん)夢は大きく!スケートでは、いつか世界大会に出たいと思いながら練習をしています。なぜなら、いろんな開催国に行けるし、違う国の人の前で滑れるし、楽しいと思う。スケート以外でも、いろんな国に行って、いろんな国のものを食べて、旅行をしてみたいです。他には、スイスに行ったときにネスレの工場で世界中のいろんなキットカットの味を食べることができて、それがすごく楽しかったので、ネスレで働いたら楽しそうだなぁ、と思ったこともありました。

 

明由さん)スケートはできればオリンピックまで出たいけど。。。(笑)

そのあとは、AIの研究します。

 

Q:英語を話したい、と思っているお友達に、何かメッセージを頂けますか?

 

明未さん)英語を話すには、海外で暮らしてみるのが一番良いと思う。日本にいると、(英語を勉強していたとしても)どうしても日本語を話してしまうし、実際に会話した方が覚えると思う。

 

明由さん)日本の英語は難しく言い過ぎてることもあるし。。。

 

明未さん)半年ぐらい海外にいたら、それだけで英語が聞き取れるようになると思う。徐々に言いたいことが自然と言えて、伝わるようになる。フランス語も同じです。

 

明由さん)なんとなくは、絶対にわかるようになる。

 

まゆみさん)文化を通じて言葉は学ぶのも楽しいと思います。海外では逆に日本の文化を英語で説明しなくちゃいけない場合もありました。改めて日本について学ぶことも多くありました。お友達を作って、誕生日会など子供同士の交流を通じて、親子の英語力が伸びていったと思っています。

 

明由さん)NYCの時は人種のミックスサラダと呼ばれているぐらい、世界中の人がいて、いろんな訛りの英語で話すけど、それもそれで、楽しかった。みんな発音を気にしない。とりあえず知ってる単語を並べて身振り手振りも入れて通じると思う。

 

明未さん)学校でエッセイに書く英語と友達同士の会話で使う英語は、ちょっと違います。でも英語をしゃべれることが、一番大切だと思います。話すことができたら、エッセイを書いたりすることもだんだんできるようになってくると思います。

 

まゆみさん)あとは、今の時代はSNSでみんな繋がっているので、たとえ、1短い海外滞在だったとしても、海外で出来た友人とは日本に帰国後も継続してコミュニケーションが取れます英語でコミュニケーションできるチャンスがある、と思うと、子供の英語学習へのモチベーションも全然違ってくると思います。

 

Q:カナダでスケートを学びたいと思っているお友達に、何かメッセージを頂けますか?

 

明未さん)

学びたい、早く出来るようになりたいと強く思う気持ち!

そうすると、「英語でもコミュニケーション取るぞ!」思ってきます。コーチの言っていることをちゃんと理解したいと思うから。

 

 

明由さん)

スケートだけじゃなく、いろんなスポーツが楽しめます。スキー場も近いです。

 

Q:まゆみさんにお伺いしたいのですが、日本を離れて、カナダでお嬢さんと一緒に生活をされてみて、カナダに対して、どのような感想をお持ちですか?

 

 

まゆみさん)東京暮らしが長く、そしてNYCでも暮らしているので、この2つの都市と比べると、トロントは刺激が少ない、と感じることもありました。でも研究して(笑)探していくと、何でも揃っているのもトロントでした。トロントは生活上のストレスはすごく少ないですし、生活で足りないものはなく、とてもシンプルに住みやすい場所だと思います。寒さが問題と良く言われますが、子供達は雪が大好きですし、車で移動できれば、問題はないです。私の車は、レンタカーです。1日でも月単位でも気軽に借りることができます。

 

Q:食生活の面はいかがですか?

まゆみさん)アジア人が多いので、食は外食も、どこのスーパーでも日本食も手に入りやすいので、全く問題無いです。ただ、日本食材は日本よりは若干、高いとは思います。野菜やフルーツ、お肉もとても新鮮だと思いますよ。

 

最近は、アフガニスタン料理や東欧料理にはまっています。子供達と「アフガニスタンってどこ?」「イエメンってどこ?」から始まり、どんな国か?どんな文化?どんな宗教?どんな歴史?と料理を待ちながら調べたり、お店の人とおしゃべりしたり。食を通じていろんな国の文化を知り身近に感じられるようになることも多民族のカナダの良い点だと思いました。

 

Q:お子さんを連れて留学したい、という親御さんに、何かアドバイスはありますか?

 

まゆみさん)もし海外行きを躊躇されている方がいらっしゃれば、半年でも1年でも、親子留学をオススメしたいです。一度、海外で暮らしてしまうと、日本に帰りたくなくなる、という可能性も高いですけど(笑)。トロントは比較的安全なので、ナーバスになる必要はないと思います。交通網として郊外は鉄道が充実していないので、車の運転ができた方が、行動範囲が広がりより広大なカナダライフを満喫できると良いと思います。

 

私は英語もフランス語も話せないので、宿題が手伝えないし、海外での授業内容も進め方もよくわかりませでした。多言語なんてとんでもない。でも、カナダのおおらかさと優しさでどうにかなります!

 

インタビューを終えて

 

明未さんも明由さんも絶えることのない笑顔で、終始、穏やかに話をしてくれる姿がとても印象的でした。日頃、スケートで鍛錬されているからでしょうか、受け答えも、とてもしっかりしており、長時間に及んでしまったインタビューにも集中力を切らさずに答えて頂きました。また、お母さんのまゆみさんが、お嬢様方にとって、何がベストかを常に考え、そして、それを最大限の努力で叶えていく、その行動力にも圧倒されてしまいます。インタビュー中にもコメントがありましたが、幼少の頃に、海外に実際に行き、違う言語や文化、人種に触れることが、その後の人格形成や人生に大きくポジティブな影響を与える。その好例が、正にまゆみさんご家族ですし、世界を目指してトロントでスケートに励まれている明未さんも明由さんの益々の活躍に目が離せません。